2013年4月23日 (火)

大阪センチメンタル・ジャーニー

行ってきました、大阪!

歩き倒して、食い倒れてきた感もありです(笑)

 

○1日目:大阪街歩き

502 423

東京7:50発のぞみbullettrainでいざ大阪へ出発!
この日は「大阪周遊きっぷ」で街歩きに専念。
宿泊は心斎橋の日航ホテル。心斎橋は超便利!

○2日目:吉野山

059 077

近畿植生探訪の方達と吉野へ!果たして桜はまだ咲いていてくれるか?
夜は吉野からの帰りの足で「造幣局の通り抜け」へ。夜桜見物。
桜三昧の一日。この日からmiyomamaさん宅へお泊りnote

○3日目:明石

697 795

大阪に住んでいた時には行けなかった明石へ。
天文科学館そばで明石海峡、明石大橋、淡路島を眺める。
帰りは「なんば」でお買い物。

○4日目:宝塚

860 1117

宝塚ガーデンフィールズ・シーズンズの庭を散策した後、手塚治虫記念館へ。マニアにはたまらん!!happy02

○5日目:箕面~服部緑地都市緑化植物園~帰宅

1357 1479

miyomamaさんの車で、箕面ビジターセンター、服部緑地の緑化植物園を訪れ、新大阪まで送っていただく。15:27発のぞみで無事に帰京。

shine-----shine-----shine----- 

吉野にご一緒した近畿植探の皆さま

明石でご案内くださったシンガポール自然友の会の仲間たち

宝塚でお付き合いくださったyurikaさん

準備してくれたjunkoさん、一緒に行ったaraiさん

そして、miyomamaさん、ご主人さま

本当に本当にお世話になりました。ありがとうございました!!

楽しい嬉しい、ワタシにとっては懐かしい、大好きな大阪heart01

素敵な旅でした。重ねて 感謝。m(_ _)m

 

詳細は、随時UPしていきます(^^)

ではまた(⌒∇⌒)ノ""

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月15日 (月)

愛機代替わり

4月14日(日)

ワタシのカメラは、TOMさんからマクロの楽しさを教えてもらってから、ずっとリコーのコンデジでした。とにかくマクロ機能が優秀!!good
シンガポールのときから使い始め、カプリオシリーズからCXのシリーズになって、2年毎に買い換えて。

2年でというのは、たぶんヘビーユーザーだから?だと思うんだけど…

きっちり2年でどこかが壊れるんですよ(笑)

 

2011年に使い始めた今のコも、ついこの間、マクロじゃないAF機能がダメになりました。全然焦点が合わなくなっちゃって……_| ̄|○

でも!なんだか不思議だけど、マクロだけはまだまだ元気!rock
どういうワケかマクロtulipだとフォーカスできる!

 

んでも、他のシーン機能ではボケボケ写真になってしまうので、また新しいのを買うことにしました。

そんでお店に行ってみたら…

お店スタッフ:  「もうリコーは無いですよ」

ワタシ: ……え?え゛ーーー!!??shock

お店スタッフ:リコーのデジカメはペンタックスと合併…だと思いますが。

ワタシ: あら~~ sweat02sweat02

お店スタッフ:「ペンタックスリコー」というメーカーで出したのがコレです。

 

と言って見せてくれたものを、矯めつ眇めつし、アレヤコレヤ考えて、結局買うことに致しました。

45pentaxx5 45pentaxx5_1
じゃーーん!!note

PENTAX X-5 といいます。一眼みたいに見えますが(いや、知ってる人が見ればそうは見えないんでしょうが(^^;)) これ、コンデジです。

いつも持って歩くワタシなので、一番の問題は大きさと重さ。そしてすぐになくなる単三電池4個。エコではない。
でも、使ってみることにしました。このコの機能をどこまで好きになれるか、楽しみです。

そして、隠居する愛機リコーCX4、今までご苦労さま。でも、たまには活躍してね。
マクロが逝ってしまわないうちは、大事に使うから、できるだけ長く、がんばってね。heart04

Cx Cx_1

heart-----camera-----heart-----camera-----heart

明日から5日間、大阪に行ってきます。junkoさんが吉野の桜に誘ってくれて実現した大阪への旅!

懐かしい場所、懐かしい人々、新しい場所、新しい人、

とてもとても嬉しいですnote

 

ではまた(⌒∇⌒)ノ""

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年4月11日 (木)

吉高の大桜

4月4日(金)

地元、千葉県印西市に「吉高の大桜(よしたかのおおざくら)」と呼ばれる一本桜があります。
樹齢およそ350年と言われるヤマザクラの古木で、大きなドーム形の樹形。花が咲いたらそれはそれは見事で、ずっとご紹介したいと思っていました。でも花期が短いのもあって、なかなか良い写真が撮れずにいたんです。

それが今年は、ちょうど真っ盛りの時期に見にいくことができましたー!

146

--------------------cherryblossom

この日は、里山散策ボランティア、「印西ウェットランドガイド」のスタッフによる下見をかねた散策でした。
吉高は最寄駅から遠いので、ひたすらすたすた歩いて行きます。

畑の中の道を歩いていくと、やがて見えてきますよ。
110 112
111

桜の周りを半周回って撮っています。今回はこの桜だけ!(笑)
お楽しみくださいねnotehappy01

125
129
130
133
134 140
142
144 この方たちのカメラの先は。
145
これ↑なのでした。\(^^)/

138_2

久しぶりに満開の吉高大桜を見られて大満足の散策でしたfull

123毎年、菜の花とショカツサイ(=ムラサキハナナオオアラセイトウ)も綺麗な吉高です。

皆さん、来年は是非見にきてみませんか? 

 

 

ではまた(⌒∇⌒)ノ""

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっと変わり者?@新宿御苑の春――その4

Aucuba japonica
・アオキ(青木)
・ミズキ科アオキ属(APGではガリア科あるいはアオキ科)
・分布:本州~沖縄
※学名Aucubaの由来は「青木葉」から。

周りにあまりにも普通にありすぎて、ついついスルーしてしまう植物がいくつかあります。
スルーっていうのは、ワタシの場合、見るんだけどまぁ写真はいいや、って感じ。
そんな植物の中でも、花が咲いてたら撮るってのが、アオキです。

015新宿御苑の散策のときに、そのアオキの花が咲いていました。まるで幾何学模様のような花にいつも心惹かれます。
アオキは雌雄異株、雌木雄木があります。これは黄色い葯があるので雄木ですね。

アオキは花びら4枚、雄しべも4個… のはずなのですが……

↓あれ!?こんなんがありましたー!!!
Img_0051
Img_00511
(上下2枚:三吉健心氏撮影)

この日の散策メンバーだった写真家のmiyoshi kenshinさんが撮ってくれていた写真に、偶然こんなコが写っていたのでした!

すっごーい!5枚だよ~note初めて見たわーflair
またこれ、写真自体がすっごく綺麗だし。さすが写真のプロですshine

花弁が5枚のコの下には4枚のが見えますね。比べてみてください。
同じ花序(複数の花がついている、そのまとまり)に4枚のと5枚のとがありますね!こんなことが起こるんだなぁー!ほんとに面白い。

この5枚のコの周りの蕾はどんな花なんでしょうねぇ。見てみたいけど、kenshinさん、場所を覚えてないよね?(笑) ってか、ワタシもうろ覚え(^^;)

014_2ワタシの撮ったのにも、こんなコが写りこんでました。最近、老眼来ちゃってるので、撮ってるときは気づかなかったのー(笑)

5弁になりかけ?みたいに見えますね。
こういうのがあるって事は、人工的な物質の影響なのかな?なんてことも思います。

 

アオキの葉っぱはこんな感じ。艶のある常緑低木。
3 312
冬でも青々として赤い実を付ける美しい植物は、江戸時代にイギリスからやって来たプラントハンターを惹きつけました。それで、赤い実をつけるアオキの株がイギリスにもたらされたのですが…。

049
(アオキの雌花↑)

実をつけるはずの木は、その地では全く実をつけませんでした。でも人々は美しい緑を愛して、株を増やしていきました。今ではイギリス各地にアオキが普通に見られるそうですよ。

実をつけなかった理由は、もちろん… 雌雄異株だからですよね。それを知らずにプラントハンターは雌木だけしか持ち帰らなかった、というワケです。
そのあたりの詳しいお話は、こちらにありますよ。ロマンのある物語、面白いですheart01

-----bud-----bud-----bud-----

043
Viola japonica
・コスミレ(小菫)
・スミレ科スミレ属

このコスミレが変わってるというワケじゃありません。

じつはね… このコの居る場所がちょっと面白いので。happy01

040 こんな場所なの(笑)

041松のほこらの中なんでありますnote 毎年咲くんですよ、ここに。
知ってる人は知ってる穴場。気がつかないまま通り過ぎちゃう人のほうが多いですが。

なんか可愛いheart01 スミレってこういう場所が好きみたいですけどね。
春の新宿御苑では楽しみの一つです。

 

新宿御苑シリーズは、ひとまずおしまいです。

 

ではまた(⌒∇⌒)ノ""

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月 7日 (日)

イロハモミジ、アケビ、ハナノキの花@新宿御苑の春――その3

3月28日の続き。

ソメイヨシノとほぼ同時期に咲くこの花。これに気がついたあなたはラッキーです!こんなに可愛い花なのに知らないで過ごすのは勿体無い!
001 003
           (クリックすると拡大します)
イロハモミジの花です。イロハモミジは一つの木に、両性花、雄花雌花が混在するという、ちょっと変わったコです。右の写真が雌花雌しべがぴゅーっと伸びてますね~note

すでに受粉が終わったものは、子房が膨らんでます。可愛いプロペラ形の実の赤ちゃんが見えますよ。これを探すのがまた楽しいのよ~(笑)
004

以前に書いた記事も載せときます。よかったら見てね(^^)/

「モミジ(カエデ)の花」

 

お次はアケビ。野山、里山に行けばどこにでも見られる花ですけど、都会じゃなかなか見られませんよね。レストランの隣にある藤棚に巻き付いてました。実際はもっと小さいイメージの花です。左が雌花、右が雄花。雌雄同株(雄花雌花が同じ株にある)です。
012_2 013_2  

 

 

ワタシが新宿御苑で見たかったものがもうひとつあります。

それは、新宿門から入ってしばらくまっすぐに歩くと左手にあるハナノキの大木、その花が咲いたところ。
これもタイミングが悪くてずっと振られてましたけど、この日、その花を見ました!やったー!note
075 076

ありゃ??ハナノキ全体を撮るのを忘れちゃった… ま、いっか(笑)

ハナノキはカエデの仲間。イロハモミジとは全然違う形の花でしょ?でも、葉が出る前に花が咲くので、木全体が赤く見えて、それは綺麗なんです。

ハナノキを書いた記事はこちら

 

 

次回は新宿御苑で見つけた変わったアオキスミレを紹介しますね。

では(⌒∇⌒)ノ""

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«お花見だぁ~♪@新宿御苑の春――その2